アルパカの右にならえ

生ビールでも発泡酒でも幸せなアラサー。邦画と小説をこよなく愛する創作ヲタク。

めんどくさいに打ち勝つ

彼氏から「風邪ひいた…」ってメールが来てつい「うわ看病しにいかなあかん?めんどくさ」と思ってしまった…どうよこれ。ちなみに先月私が風邪ひいたときは買い物して看病しに来てくれた…なのに私は行きたくない。ほんとひどいな…自分にひいてる。ただの風邪ならあったかくして眠ってたら治るでしょう。どうせ朝方までゲームしてたとかいうし自己管理自己管理(・〜・)←すごい言い訳

金曜日はカレーのことしか考えてなくて朝から炊飯器のタイマーセットして出かけて、カレーカレーカレー!とうきうきしながら帰ってきて部屋のドア開けて靴脱いで入って炊飯器開けて白ご飯の湯気を見た瞬間、ほんとうに心からの「ただいま」という言葉が出た。カレーは二杯食べた。

土曜日は中学からの友達同士で久しぶりに私の部屋で集まって鍋パーティーをしました。お酒買い込んでお鍋わいわい用意して食べてお菓子食べてデザートに梨とみかんとロールケーキまで食べた。中学の頃から変わってないなんて自分では思ってても、仕事の話とか聞いてるとやっぱり歳はとってるんだよなーって。いい歳した女が集まって結婚だの彼だの仕事だのとだらだらしゃべるのって本当に楽しい。そもそも私は友達の数は多い方じゃないし、めんどくさがりで社交性もないし、だけど今関係の続いてる友達は本当に大切で大事にしたいな〜って思う。なんか女同士ってやっぱり打算とか小さな腹の底に感じることってあるし、ただただ「友情!」と自信を持って言える確かなものって一概にあるとは思えないんだけど、うーん、そういうのも含めてこんな風にずっと一緒にいたいなって思う。こういう風に集まれるのも全員未婚のうちなんだろうなあと思うと少しさみしい。誰が一番始めに結婚しちゃうんだろうねって話を集まるたびにしてる。

日曜日は「フィンランドの暮らしとデザイン展」に行ってきました。寒い国に住む人の描く雪の絵って、すごくあったかくてほこほこしてとろけそうに見えるのはなんでだろう。こっちが感じる「雪」の感覚と違うものなのかなーと思いました。

広告を非表示にする