読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルパカの右にならえ

生ビールでも発泡酒でも幸せなアラサー。邦画と小説をこよなく愛する創作ヲタク。

芸人交換日記・閃光スクランブル・リトルバイリトル


読みやすい。二回泣いた。うーんまあそれだけかなあという感想。

閃光スクランブル

閃光スクランブル


「ピンクとグレー」の時も思ったんだけど、登場人物の会話文が面白くないんだよなーと思う。個人の好みの問題だけど。あとやっぱり作者が芸能人だからしょうがないと思うんだけど、普通の一般人が出てくるお話が読みたい。良くも悪くも煌びやかな世界のストーリーだから、読み手としては簡単に感情移入できない。「うまいこと言ってる感」が文章の端々から溢れ出てる。巧みな慣用句使いもいいんだけど、もっとスッと入ってくるような言葉を聞きたい。「(映画みたいに)絵が浮かんでくる」って感じは納得。私は前作のピングレの方が好きだな。装丁がやはり素晴らしい。

リトル・バイ・リトル

リトル・バイ・リトル


あんまり好きじゃない。けどやっぱりこの人の書く登場人物は好きだな。ただア◯カンはどうかな、と思ったよ。