アルパカの右にならえ

生ビールでも発泡酒でも幸せなアラサー。邦画と小説をこよなく愛する創作ヲタク。

問題のあるレストラン「主人公の不在」

f:id:ayappu900:20150203210840j:plain

お気に入りの喫茶店、注文によってカップとソーサーを変えて選んでくれるので毎回それが楽しみです。

三話までためてた「問題のあるレストラン」を一気見したら、一話の破壊力が凄くてダアダアに泣いたせいで瞼が腫れました。
セクハラに悩んでた菊池亜希子ちゃんが妄想の中で男性社員、男性上司達を日本刀で斬りつけるシーンは鳥肌たったー!あれはドラマ界の歴史に残るんじゃないの。あの妄想は、社会に出て日々鬱憤を溜めてる女子なら誰もが考えたことのあることじゃないだろうか、それを男性の脚本家さんが書けるのが凄い。
割りと不思議ちゃん系の役が多い二階堂ふみちゃんだけど、こういうツッコミ要員のいじられキャラもハマってる。なにより菊池亜希子ちゃん、めちゃくちゃ良い女優さんになってるじゃないですか、ウッ。一話で離脱するなんてもったいないよー!
「無意識に人を傷つける人の前ではこっちが悪意を持たなければならない」「男の人のすることなんて許しなさいと母は言う。お母さん、それはもう、私に生きるなということです」という言葉がバッスー!と刺さったよ。小ネタと名言迷言のオンパレードに楽しい気持ちが追いつかない。
三話まで観るとやっぱり一話の掴みの凄まじさを感じる。周囲が主人公について話す回想でストーリーが進んでいく「主人公の不在」パターン(桐島部活やめるってよパターン)が、好きです。レイプが死刑罪は百パーセント同意しかないね。このドラマ観てると男の人のこと大っ嫌いになっちゃうな~、でも楽しい。ドラマはあと月9の「デート」を観ています。私の中での今期二大巨塔。


ブログランキング参加してます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

広告を非表示にする