アルパカの右にならえ

生ビールでも発泡酒でも幸せなアラサー。邦画と小説をこよなく愛する創作ヲタク。

【邦画ログ】さよなら歌舞伎町 「親に言えない仕事はするな」ネタバレ

f:id:ayappu900:20150829201948j:plain

さよなら歌舞伎町を観ました。
久しぶりに「邦画観たーーー!」って思った映画でした。面白かった~。
歌舞伎町にあるラブホテルを舞台にした群像劇らしいよ。手描きっぽいタイトルバックには自転車で二人乗りの染谷くんとあっちゃんの後姿。なんだかゆる~い雰囲気です。
物を食べるシーンが多かったな~。食事中の食器が触れるカチャカチャした音とか、キムチハンバーグを咀嚼する音とか、カップラーメンを啜る音とかの生活音が凄く良かったです。特に焼き魚の骨をしゃぶる南夏帆さんとかさぁ、すごく良かったよ、最高だった。
デリヘル嬢の斡旋をしているまごうことなきクズ役をこなす忍成くんにはもう本当にさすがとしか言えない。派手な柄シャツの似合うことに合うこと! でも、あんな女子高生の涙に簡単にほだされちゃって、ヤクザな仕事から足洗います! ボコボコにされてでも女子高生の元に帰って来てハッピーエンド! って展開がすごく安っぽかった。でもこういうのって安っぽければ安っぽいほどキュンとするけどね! 最高だった!

あとは韓国人カップルのパートが一番グッときて泣いてしまった。「俺たちもう終わりなの?」って聞く彼氏に向かって、ほんとにおいしい、おいしいねって繰り返しながらキムチハンバーグを食べながら泣いちゃう彼女見てもらい泣き。綺麗でかわいい人だなー。街で見かける外国人さんたち、何をしゃべってるか分からないけれど、こうやって深刻な会話をしている人たちもいるのかもしれないなーって思いました。

染谷くんとあっちゃんの倦怠期の同棲カップル感がすごく良かった。なかなかいい角部屋に住んでて羨ましい。窓から見えるゴミゴミした景色が都会だなって思いました。あっちゃんに「しよ」って言われて、おらおらーって駅弁スタイルで腰を振る染谷くん。はしゃぐあっちゃん。ほんとかわいい。

ラスト、朝日に照らされながら東北行きの高速バスに乗ってる染谷くんのあくびがすごく好き。エンドロールの後、00:00を超えたことに気がついて、泣きながら抱き合う南夏帆さんと松重豊さんが良くって、グッとガッツポーズしました。面白かったー。

ブログランキング参加してます。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ