アルパカの右にならえ

生ビールでも発泡酒でも幸せなアラサー。邦画と小説をこよなく愛する創作ヲタク。

【邦画ログ】「湯を沸かすほどの熱い愛」ネタバレ感想/しゃぶしゃぶ食べたい

f:id:ayappu900:20170816152852j:plain

「湯を沸かすほどの熱い愛」めちゃくちゃに大事な結末のネタバレまで書いてあるので気をつけてね。


この映画は、「ああ宮沢りえが余命宣告されて、家族の尻叩いてなんやらかんやら事件があって最後は『ありがとう…!』って終わるタイプのお涙ちょうだい系か…」と思って観ると、中盤「簡単なお涙ちょうだいじゃないよ…素晴らしい人間ドラマだ……グス……」と心変わりして、最後のエンドロール直前で「!!!!!???」と後ろにひっくり返る系の映画です。結論から言うとすっごい良い。好き。嫌いな部分も含めて好き。とか長年付き合った彼氏べた褒めするみたいな安直な感想出ちゃう。

いろいろなエピソードとか、小道具の使い方とか、伏線のはり方とか、登場人物のキャラクターの作り方とか、とにかく細部まで自然なのにとても魅力的で素敵。関西弁の子連れ探偵とか、ヒッチハイクを繰り返す松坂桃李くんもすごく良い! 50くらいの女トラック運転手にラブホに連れ込まれて覚悟するも靴脱いで靴下脱いだタイミングで逃げ出したエピソードは最高。そして拾ったサンダル履いて裸足で生活してるのも最高。宮沢りえに抱き締められ、戸惑って手の置き場所が分からない演技が好きです。
序盤、苛められてる杉咲花演じる安澄がいじめっ子に絵の具で制服を汚されてしまって、宮沢りえ演じる双葉はそれを見てショックを受けるも、娘が頑なに「自分で汚した! 数えたら絵具12色あったよ」っつってロックなことを言うので、その心意気を汲んで「その中で一番好きな色は?」とか聞いちゃう。水色、って答える娘に「お母ちゃんは断然!」って答える宮沢りえ。この「赤」がまさかラストの赤に繋がろうとは思わないでしょ……。レンタカーの赤、お見舞いに貰う花の赤、そしてラスト銭湯の煙突からのぼる煙の赤。

f:id:ayappu900:20170816155510j:plain

序盤のいじめっ子エピソードについては、いじめっ子側の女子たちの絶妙なブス加減(決してめちゃくちゃブスではない、ふっつうの顔面だけど性格がクズなのでブスに見えちゃう)が最高。いじめ描写に関しては、母から娘に対しての「にげるな! 立ち向かえ!」という一貫した態度は私は好きじゃない。立ち向かうことが正義、正解とは思いません。逃げることはきちんとした自分を守る行為なので、それに関しては双葉というキャラクターの性格が合わなかったんだろうなというだけの感想です。
おもらししたパンツをドアノブに引っ掛けてくの笑った。「ちゃんと仕事するので、この家にいさせてください」という9歳の鮎子のセリフは、少し大人が言わせた感がすごいけどでも泣いちゃうよこんなの。あと、タカアシガニって食べたことないんだけどおいしいの? カニ食べたくなった、あとしゃぶしゃぶもめちゃくちゃ食べたくなる……でも私、しゃぶしゃぶは豚肉派なんだ…(知らん)

入院してる宮沢りえの病院の庭に全員でピラミッド作りに来てたシーンで吹き出してからすごい泣いた。泣けるシーンとふっと吹き出しちゃう笑いのシーンのバランスが絶妙で、その波がとても心地いいので飽きません。あんなに元気で肝っ玉お母ちゃんだった双葉の「死にたくない、生きたい」は反則過ぎる~!
あとオダギリジョーモテすぎ子供作り過ぎモテすぎ、という感想も。父親弱すぎ。マジで。緩和センターに入院してからも全然お見舞い行けなくて、子どもに「どうだった?」って様子聞くことでしか心配できない精神的に弱いずるい男の描写が良かったです。どんどん弱っていく人間を見るのは辛いものだから。いよいよもう残り少ないだろうなって場面で、呼吸もままならなくて、喋ることもできない、意思疎通は目線を動かすくらいしかできない宮沢りえのベッドに頬をくっつけて、父親のことや鮎子の近況をぽつりぽつりと話す安澄は、見ていて辛くなりました。宮沢りえが喋ろうとしても声にならない、やせ細った唇の隙間から漏れる吐息とか虚ろな表情を見て、我慢していたけれど耐えきれなくて顔を背けてしまう杉咲花ちゃんの演技が、すっごい。すっごいやばい。カラカラになるくらい泣きました。ひからびちゃう……!

f:id:ayappu900:20170816160237j:plain

個人的に「余命数ヶ月だったらなにしてもいいんかい」という双葉に対するツッコみはたくさんあります。耳の聞こえないしゃべれない女性へのビンタシーンとか、エッ!? ってびっくりした。でもまあ娘を捨てた母親に対する叱咤だと思えばまあ。でもいきなり殴るのイケナイ! 危ない! 家に置き物投げて窓ガラス割るのイケナイ! 危ない! お玉の角の方で頭殴るのイケナイ! って言い出したらきりがない!(笑)
女性が娘を捨てて出ていくシーンが、鮎子が母親に捨てられた場面だと思わせておいて、実は双葉が昔母親に置いて行かれた記憶だった、っていうのも上手くてすごい。ミスリード大好き厨なんで大興奮でした。
ラスト、まさかの宮沢りえの遺体を焼いてその火でお湯を沸かして風呂に入る銭湯のシーンは、今までの涙が引っ込んで全力で「マジかよ!??」ってぶったまげた。そこであのタイトルバックとかズルすぎる。煙突から出てくる煙がいのも鳥肌。
これ直接的な描写はないにしろ、正直「冷たい熱帯魚」レベルのグロさで、とにかくもう笑っちゃいました。監督の過去作品一覧を見た時点で予測しておくべきだった!(笑)
正直、このストーリーの舞台が銭湯であることにどうしても意味を見いだせなかったんだけど、このラストシーンからのタイトルなんだな、と思うと大納得です。手話を使うシーンも素敵だったなぁ。

湯を沸かすほどの熱い愛  豪華版 [Blu-ray]

湯を沸かすほどの熱い愛 豪華版 [Blu-ray]

その日々のあれこれ

f:id:ayappu900:20170727232317j:plain
人生で初めてのボデースクラブなんてもんを試してみたのよ、ボデースクラブ。
お肌ちゅるんちゅるんのてろんてろんになった訳ですが、世の中の女子はこういうのを週一とかでほどこしてボディーケアとかしてるんですか? 尊敬~~! サボンも試していけど高いね。

f:id:ayappu900:20170727232445j:plain
f:id:ayappu900:20170727232447j:plain
みんな大好き! 夏はバングル! パールの以外は全部300円だよ安い。かわいい。夏はバングルが一番かわいいて、天才、大好き。肌が黄色いので金色のアクセサリーが好きです。

f:id:ayappu900:20170727232540j:plain
彼んちにいってもらった野菜。嬉しい。

f:id:ayappu900:20170727232600j:plain
フローフシのこのリップ欲しかったやつ。効果のほどは知らん。パッケージがカワイイが正義。高い。

f:id:ayappu900:20170727232637j:plain
相葉雅紀という正義。ボディーソープ買ったばかりだったのでそれは彼に押し付け、必要ないのに二種類も購入。いいんだ、オタクだから。オタクってこういう生き物で合ってるよね?

f:id:ayappu900:20170727232746j:plain
波よ聞いてくれ
前評判は聞いていたんだけど、ここまで面白いなんて知らなかった……。この人は書く漫画の幅がめちゃくちゃ広いな。天才なんじゃなかろうか?
キングダム読んでないと漫画好き名乗っちゃダメかな? 歴史もの苦手なんだ……。

家で作って食った飯とかお店に行って食べたご飯とか

f:id:ayappu900:20170727232204j:plain
f:id:ayappu900:20170727232207j:plain
f:id:ayappu900:20170727232209j:plain
f:id:ayappu900:20170727232214j:plain
f:id:ayappu900:20170727232216j:plain
f:id:ayappu900:20170727232213p:plain
f:id:ayappu900:20170727232218j:plain
f:id:ayappu900:20170727232221j:plain
f:id:ayappu900:20170727232224j:plain
f:id:ayappu900:20170727232225j:plain
f:id:ayappu900:20170727232228j:plain
f:id:ayappu900:20170727232231j:plain
f:id:ayappu900:20170727232235j:plain
f:id:ayappu900:20170727232233j:plain

ニートの鑑なんじゃない? ふめいよ~!

f:id:ayappu900:20170710122558j:plain
平日にキムチと餃子とラーメンをキメた時の写真です。

というわけで、いやどういうわけで? と言いたくもなりますが、人生で2度目のニート生活まっただなかですイエ~イ(涙目)
2月末で会社が閉鎖(ちなみに閉鎖通告は3営業日前でした。鬼)、3月末までのお給料は保障されていたので、実質4月からお給料無しの完璧無職状態です。ですが会社都合での退職になるため、すぐに失業保険がいただけ、ちなみに今は延長期間中です。たぶん8月辺りまで支給される予定。
自己都合でなく会社都合になると、失業保険が即支給されるため(自己都合の場合3か月待機期間があってその間は支給されないのだ! たいへん!)、また健康保険料や国民年金の免除・減税の申し込みもできます。すべては会社都合退職のおかげ、倒産してくれた会社の支店のおかげですね!(笑)(笑えない)(笑うしかない)
今思うとあんなドブラッククソ会社によく2年近くも勤務していたなぁと……。なので、企業の評判サイト?(「会社名 評判」とかで検索すると上位に上がってくるサイト)の、自分の会社の口コミにボロクソ書き込んでやったら、まさかの悪評が採用・掲載されてしまいました、アッチャー★(最高)さすがに名指し同然でパラワラ被害を書き込んだのは弾かれちゃったみたい。でも笑える。笑えない。

正直この年齢で独身で就活とかハードモードだし、看護とか保育士さんとかいう職でもないし、簿記も速記も持ってないし、ちょっと死に際だなって思ってます。わたしだったらこの歳の独身が一般事務希望してきたらまず書類通さないもん。未来と希望ある20代前半採用したいもん。普通の感覚だよ、そうだよ……(死んだ目)
そろそろ動き出さないと社会的にも金銭的にも死ぬ? どうする? 死ぬの? って感じなので、……どうしようかなぁ~~~。

まもなく20代が終わろうとしています。誕生日は冬なのでまだギリギリではあるんですけど、2017年を迎えた時点でハッとあることに気がついたんですよね。それは「現時点で『20代のうちに出産』という項目は100パーセント達成されないこと」です。
すごくない? まだ何ヶ月以上も猶予があるのに、

「500万貯める!」←宝くじが当たるかもしれない。
「日本一周する!」←明日出発すれば叶うかもしれない。

っていう夢と違って、叶わないんだよ絶対に。なるほど通り越してウワァァ~~~じゃん? すごいよね、一人じゃなんにもできないじゃん、結婚も出産も。おそろしいね。

でも独身である我々って知ってしまってるじゃん? 自ら稼いだお金を自由気ままに使えて、それなりに時間もある。なにをするにも自己責任。そういう大人の時間の美味しいところ知っちゃってるじゃん? 年々自分の人生、楽しくなってるんだけど、これからもずっと楽しい人生を送るにはこのままでいいのかな? どうする? こわくない? パーティーする? みんなでお菓子とおつまみとお酒持ち寄ってパーティーしなぁ~~い?
っていう気持ちになるよ。2017年夏。暑いからもう動きたくない……。ハァ

【邦画ログ】【洋画ログ】SCOOP!/ズートピア

f:id:ayappu900:20170706015611j:plain

SCOOP!
福山雅治福山雅治なのにどうしてこんなに臭そうで汚い中年に見えるのか。初っ端からカーセックスのシーンから始まるのが最高。
二階堂ふみちゃんが「マジ最低ですねこの仕事」って悪態ついてんのが可愛いのなんのって。福山雅治二階堂ふみちゃんにキスして襲いながら「吊り橋効果だよッッ!」って叫ぶの最低過ぎて笑った。
リリーフランキー滝藤賢一名演技死ぬじゃん? 特にヤク中のチャラ源を演じるリリーフランキーが凄すぎて、これ本当に「そして父になる」に出てた人ですか? と言いたくなる。ボディ打つ時の「チャラ源チャラ源チャラ源~~!!」が可笑しかった。助けに来た静御前(チャラ源のこの呼び方も好き)が一発でのびた後にあのチャラ源は笑う。野火の連れてこられた場所がいかにもフィクションの中の「ワルモノのアジト」で、ちょっと面白かった。どこにあんだよこの場所。
パパラッチが芸能人の熱愛ショット撮りまくるシーンで、深夜のスーパーでコンビの片方が品物を落として音を出して、目線をそっちに惹きつける隙に写真を撮る手口(撮られた方の2人の視線が同じ方向に向いている)がリアルでウワーーッ!!となりました。ジャニヲタからしたら恐怖しかない光景(笑)やめて~~。
「ビーチクボーイズ」という店名からの「割引券でーす」にも笑った。お前行ったんかい。
やっぱり吉田羊は美しい。仕事場ではあんな格好してるくせに、元恋人静御前のうちに来る時のドレスアップした姿と髪型にはもうー、女心感じた。めちゃくちゃかっこいいし、どれだけ若い女の子に手出してても福山雅治が帰ってくる自信がある女の強さをまざまざと見せつけられた。吉田羊の頬っぺたを片手でむにゅうできるのは静御前だけだね。

f:id:ayappu900:20170706015615j:plain

いざベッドシーンになった時の、福山雅治二階堂ふみちゃんのシーンがめっっちゃくちゃ綺麗に撮られててしぬほど笑った。汗ひとつかいてないセックスシーンは、今までの汚い展開と下ネタのプラマイ精算かしら。それにしたって二階堂ふみちゃんの守られ乳首は凄いね。あそこまでパンツとブラで肌色死守されちゃなんも言えねえ。逆に浮いてた映画の中で。それが狙いなのかな? キスシーンもなんかハイハイチュッチュッパッパッて感じで、ただ福山雅治二階堂ふみちゃんの耳たぶとか肩の皮膚を食んでたのがエロかったかなー。
静御前の前戯が丁寧なので、デカイと見せかけてそんなにデカくないでしょーがって吉田羊の言葉はあながち間違ってないのかも。もっと荒々しいベッドシーンを期待していたこっちが悪いんだ……静御前は丁寧な前戯を好むんだな、うんうん……としみじみしちゃったよ。

チャラ源の娘のトラウマが心配だ。ヤク中の父親に連れ回されても最後の最後まで「でも……」って言って、その場を離れるのをためらう娘の描写に涙が出た…。最初の夜景のカットで出てこなかった東京タワーが最後に見られて大満足。
エンドロール、静御前と野火コンビ張り班の車での定点カメラがすごく良かった。エンドロール良ければ全て良しの名作。


ズートピア
冒頭から「パパとママがなぜ幸せだかわかるかい? 夢を諦めたからだよ」と、子供のジュディに言い聞かせるシーンですでにウッとなった。
ディズニーはやっぱり面白いなぁ。
ジュディとニックはガチでアツいよね。最高。
吹き替えは、上戸彩サバンナ高橋とDreamのAmiの三人は、ちょっとキツかった。普通の声優さんで聴きたかったなぁ。特に上戸彩は声優はもういいと思う。ストーリーは大好き。

【邦画ログ】アズミ・ハルコは行方不明/私も自分を行方不明にしたい

f:id:ayappu900:20170617223326j:plain

アズミ・ハルコは行方不明
松居大悟監督作品。「私たちのハァハァ」がめちゃくちゃに良かったのでジャケ買いならぬ監督買いのようなものです。相変わらず日々の描写が上手くて、車でドラッグストアに買い物来た時の、財布と車のキーを一緒に持った手に買い物カゴぶら下げてる所とかが良い。あと高畑充希ちゃんの「すぐやらせてくれるけどめっちゃウザい」ギャルの感じがあるある過ぎて好き! 「私いまめっちゃ人に飢えてっから! 友達疲れるし彼氏の方が楽~。でも私いま彼氏いないし~絶対連絡ちょうだいね。ていうか愛香からするかも!」のシーンで100人中100人の男子がやれる認定するでしょ。間違いない。なんとかひゅーいって人が生理的に無理な顔で残念だった。
このひゅーいさん演じる同級生の蘇我とのセックス描写がまた胸糞だったんだけど、お隣さんのアズミハルコを呼び出す→呼び出したクセにグダグダな態度→アズミハルコ「じゃあセックスでもする?」→蘇我「は?」→アズミハルコ「は?じゃあなにしに呼んだの?……もう帰るわ」って帰ろうとした途端ソファにうずくまってウァーーーと呻く→蘇我「したいです……」(ここの言い方気持ち悪かった〜)→つってグダグダなままセックスに持ち込もうとするクセにゴムないとか言って、アズミハルコに「お前持ってないの」って聞くし、そこは持っとけよクソかと。
「いーよ外に出してよ」って漢らしいセリフを吐くアズミハルコの前で「調べる、代用品とか……」ってiPhoneシュッシュってさわる蘇我がマジでガキみたいで寒気した。お前は中坊かよ。代用品ってなんだよラップでも巻くつもりかアァン?
ここまでグダッとして結局中折れか勃たないか知らないんだけどセックス中断というおマヌケ展開だし本当に本当に本当に男としてなんの役にも勃たないもとい立たない蘇我。クソかよ。
と、蘇我への苛立ちが爆発しました。ダセェ誘い方しかできねぇのにチンコも勃たねぇとかお前は!お前はだからそんなんなんだよ蘇我!!蘇我!!!!

高畑充希ちゃんは馬鹿で頭も股も緩くてどうしようもない恋愛体質でうざいけど、キャバクラの休憩中、相手が「実は子供出来たんだ」と告白したら、あわてて吸ってる煙草を揉み消すくらいはマトモな子だから、可愛くて仕方なくなる。ちょっとした描写なんだけどその人の性格が出るところ好きだな。
全体的にうざったい人間しかいなくて、胸糞悪いエピソードが多く、アズミハルコが働いてる小さい会社でのセクハラ描写は灰皿ぶん投げたくなるほどクソウザイ。ああいうセクハラ発言する男の人ってほんとにいるの? って思うでしょうが、これが現実にいるんですよ、馬鹿みたいだけど。
「知ってる? 卵子って腐るんだよ」なんてこと、女から言われてもうざいのに、男の上司からなんてころしたくなんない? 私は四つ年上の独身女性から言われました(地獄じゃん?)お酒の席で酔った彼女に腰の辺りをボコボコに殴られながら絡まれ続け、最終的に「うるっせぇな~!」と言ってしまったことがあります。相手がべろべろに酔っていたから助かったよ。

27歳のアズミハルコと37歳の先輩のお昼休み中の会話
「私手取り13万ですよぉ?」
「私17万だよー」
「ええぇー」
が大好き。

クソみたいな社長と上司の「手書きで書いてね~、誠意が伝わるからね~」のセリフには笑った。土でも食って死ねと言いたい。女子高生ギャングのシーンは願望だよね…。結局女子高生って正義だし、いつだって自分のために地球は回ってる感丸出しで生きていて欲しい。女子高生は素晴らしい。田舎で生きていくっていう意味、閉塞感をビンビンに感じて死にたい人におすすめ。それにしても蒼井優ちゃんの、共演者皆と噂になる恋多き女優さん像は最高だよ。女優ってこうでないと。

アズミ・ハルコは行方不明 [Blu-ray]

アズミ・ハルコは行方不明 [Blu-ray]

【邦画ログ】「何者」朝井リョウ/大根役者でいいとして

f:id:ayappu900:20170518182425p:plain

朝井リョウ原作の映画「何者」は観たら自意識が死ぬよ。と聞いていました。
死ぬよ? 一人残らずもれなく死ぬよ? 例外ないよ全員死ぬよ? と聞いていました。
死にました。

f:id:ayappu900:20170518182710j:plain

原作も読んでいました。
シーンひとつひとつが、というより、一分一秒すべてが痛い。つらい。もう観るのやめたい。
最初に拓人と先輩が話してる時のモブ女のセリフ「演劇?でしたっけぇ」の「演劇?」の語尾上げのウザさが最高。その黒縁伊達眼鏡ボキボキに粉砕してやろうかって思うよね。語尾を上げんじゃねえ。語尾を。二階堂ふみちゃん演じる理香の初っ端の印象も良い。明らかにプライド高いだろうなっていう話し方にエピソードに、「意識高い系」に日々辟易としてる我々は、もう腹の底がムズムズして仕方なくなるのです。「そんなことないよ~」って絶対否定しないんだよね、その場しのぎの社交辞令も「ニコッ」て受け止めやがる。「ニコッ」じゃねえよ、と言いたい。後半、理香のセリフにも「演劇?」が出てきて、良かった。

f:id:ayappu900:20170518184707j:plain

拓人の裏アカウントがばれていることが発覚した後半(拓人VS理香というド修羅場)からの、今までのシーンの振り返りは「もうやめて! 拓人のライフポイントはゼロよ!!」と叫びたくなりました。つらい、心がとても痛い。三浦大輔さんの舞台「恋の渦」の時のような、(なんて言うんだろう? よく分からないけれど)室内を箱型にして、真横から見たかたち、まさに演劇の舞台になっていて、その見せ方がすっごく面白かったです。演劇の舞台、ステージの真ん中で大勢の観客から拍手を受ける場面。顔を上げた拓人の目に瑞希の姿が映ることで、瑞希も拓人の裏アカウントをチェックしていたことが分かるシーンが好きです。まさに拓人劇場! 拓人オンステージ!

f:id:ayappu900:20170518183349j:plain

鳴り止まない拍手には、スマホフリック入力音(チキチキチキって音)が重なっていて、イヤだわ……! ってゾワッとしました。
また、このフリック入力音は機種の世代によって変わっていくけれど、現に今のiPhoneから一つ古い世代の入力音だったように思う。「何者」が直木賞を受賞した際、朝井リョウが自身のラジオで、自分の小説について「内容にツイッターとか出てくるし、(選考者に)最後まで読んでもらえないんじゃないかと思ってた」と述べていました。今まさに若者の自己表現の場として当たり前に普及しているツールを作品の中に出すことで、バージョンなどが理由で作品に「古さ」「世代感」が出てしまうのも、現代の直木賞作家が描いた映画作品だということを強調しているなぁ思いました。


「光太郎は、自分の人生の中にドラマを見つけて、そのドラマの主人公になれるんだよ。いちいち現実のことを考えなくちゃいけない私なんかが邪魔しちゃいけないって思ったの」

瑞希が光太郎を好きな気持ちを吐露したこのセリフを聞いたら、もっとこんな風なきちんとした気持ちで他人のことを想いたい、と落ち込みました。

「一分間では話し切れません」からのエンドロールが清々しかったです。ちなみに、光太郎が会いたい人=翻訳家を夢見て海外に行った女の子、の「何者」のスピンオフ短編「水曜日の南階段はきれい」は、「何様」という単行本に入っています。
朝井リョウのお話の中で一番好きな短編です。


何者

何者

何様

何様